人気ブログランキング |
<   2019年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
鴻池家ゆかりの地

鴻池家ゆかりの地

 文京学院大学の生涯学習センターの講座「江戸の豪商列伝」では、紀伊国屋文左衛門、三井高利、鴻池善右衛門についてお話します。

 そこで、紀伊国屋文左衛門ゆかりの地のほかに、鴻池家ゆかりの地も訪ねてきました。

鴻池家の始祖は鴻池新六といいます。この鴻池新六は、戦国大名尼子氏の武将であった山中鹿之介幸盛の子供といわれています。

新六は、慶長年間に摂津国鴻池村で酒造業を始めました。

鴻池村は、現在は伊丹市となっていて、伊丹市鴻池6丁目にある児童公園に鴻池稲荷祠碑(こうのいけいなりしひ)が残されています。

鴻池稲荷祠碑は、清酒醸造成功記念に建てた当初の稲荷祠が宝暦13年(1763)に壊れたので、天明4年(1784)に再建されたことなどが刻まれているようです。

下写真の右側にあるのが稲荷祠碑です。

c0187004_12475520.jpg

山中新六は酒造業で成功し、大坂に店を構え、海運業を始めます。酒造業と海運業で財を成した鴻池家は、明暦2 (1656) に両替屋を始め、今橋通に両替店を移しました。そこが本宅となります。

鴻池本宅は、昭和22年(1947)大阪美術倶楽部に売却され、現在は、鴻池本宅の跡には大阪美術倶楽部が建っています。大阪美術倶楽部の入口に「旧鴻池家本宅跡」と刻まれた石碑があり、それだけがわずかにその名残をととどめていました。

c0187004_12474773.jpg

鴻池家の表屋は戦後は大阪美術倶楽部の会館として使用されていましたが、昭和54年に大阪美術倶楽部の改装に際して表屋が撤去される事になり、三宅製餡株式会社がこれを引き取り、奈良市鳥見町の所有地に移築しました。

現在は、「和菓子屋・カフェ」として営業しており、鴻池家の表屋を内部からもみることができます。

c0187004_12473792.jpg

鴻池新田は、鴻池家三代目の善右衛門宗利が広大な新開池の跡地を開発したもので、鴻池新田の会所は、その新田を管理を行う事務所でした。

その会所は、宝永4(1707)に建てられたものですが、現在も東大阪市に残されています。下写真は鴻池新田会所の表長屋門です。

c0187004_12473052.jpg

鴻池家ゆかりの地は、兵庫県伊丹市、大阪市、東大阪市、奈良市と一府二県に散らばっていましたので、一日で回るのは大変でしたが、現地をみることができたのは有意義でした。

今回のこのレポートで詳しく紹介しきれませんが、文京学院大学の講座では、もう少し深くご紹介しようと思っています。

講座の概要は次の通りです。

 一代で巨大な富を築いた男たち

 ―江戸の豪商列伝―

 日程     71327

 曜日・時間  土曜日 13301500

ご興味のある方は、下ホームページからお申込みください。

 文京学院大学生涯学習センター



by wheatbaku | 2019-06-13 12:43
箱根山(戸山公園)に登頂してきました。

箱根山(戸山公園)に登頂してきました。

(「~山手線一周~駅から気ままに江戸散歩」

昨日は、毎日文化センターの「~山手線一周~駅から気ままに江戸散歩」で新大久保駅をスタートして大久保周辺を散歩して、最後は山手線内で最高峰の箱根山まで登ってきました。 

 NHKの朝の天気予報では、午後は雷雨になるかもしれないという予報でしたので心配しながら出発しましたが、結果的には、雷雨にもあわず、快適な散歩となりました。

 ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

昨日の散歩ルートは次の通りです。

新大久保駅 ⇒ 皆中稲荷神社 ⇒ 小泉八雲記念公園 ⇒ 小泉八雲終焉の地 ⇒ 稲荷鬼王神社 ⇒ 島崎藤村旧居跡 ⇒ 新宿イーストサイドスクエア(休憩) ⇒ 西向天神社 ⇒ 大聖院 ⇒ 抜弁天 ⇒ 戸山公園(箱根山) ⇒ 東新宿駅

皆中稲荷神社

皆中稲荷神社は、戦国時代の天文2年(1533)に創建された神社で、大久保の鎮守ですが、寛永年間、徳川幕府が鉄砲百人組の組屋敷が現在の新宿区百人町に置かれたことから、鉄砲百人組の人たちに篤く信仰されました。

 ある時、鉄砲組の与力が射撃の上達を祈願したらところ夢の中にお稲荷さんがでてきて、翌日、稲荷神社に参拝してから射撃を試みたところ百発百中、全て的中したそうです。他の隊士たちも、それにならって稲荷神社に祈願して射撃をすると百発百中で的中したため、皆中(みなあたる)ということから皆中稲荷神社とよばれるようになったと言われています。

c0187004_13352161.jpg

小泉八雲記念公園

明治時代の文人小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、明治29年から亡くなる明治37年まで新宿で暮らしていました。小泉八雲が没した旧居跡近くに小泉八雲記念公園が平成5年に造られました。小泉八雲記念公園は、ギリシア風の公園となっていて、ギリシア大使から寄贈された胸像もあります。近くの大久保小学校の校門脇には小泉八雲終焉の地の石碑も設置されています。下写真の中央奥に小泉八雲の胸像があります。

c0187004_13351503.jpg

稲荷鬼王神社

稲荷鬼王神社の創建はご由緒書によれば承応2年(1653)に大久保の氏神として稲荷神社が建てられ、その後、宝暦2年(1752)に当地の百姓・田中清右衛門によって、紀州熊野より勧請された鬼王権現を勧請し、天保2年(1831)に稲荷神社と合祀して「稲荷鬼王神社」となったとされています。

現在では、鬼王権現を祀っている神社は稲荷鬼王神社だけだそうです。

c0187004_13350483.jpg

《紅皿の墓》

西向天神社の北側にある大聖院の駐車場の中に、紅皿の墓があります。

紅皿という名前はあまり聞きなれない名前だと思いますが、紅皿は、太田道灌の山吹の里伝説にでてくる女性です。

 紅皿の墓の脇に設置されている教育委員会の説明板には次のように書かれています。「太田道灌の山吹の里伝説に登場する少女・紅皿の墓と伝承されている。(中略)道灌の死後、紅皿は尼となって大久保に庵を建て、死後その地に葬られたという。」 

その説明板を見ながら説明を聞く参加者の皆さんの様子が下写真です。写真の奥に、紅皿の墓があります。

c0187004_11000512.jpg
抜弁天

抜弁天は、交差点の名前として知られていますが、もともとは厳島神社の別名です。

抜弁天(厳島神社)は、応徳3年(1086)源義家が後三年の役で奥州征伐の途上この地に立ち寄り、遠く富士を望み安芸の厳島神社に勝利を祈願しました。奥州平定して京都に帰る途中、お礼のために厳島神社を創建したと伝えられます。

境内が南北に通り抜けでき、また源義家が多くの苦難を切り抜けたことにちなんで、抜弁天として多くの庶民から信仰されてきました。

c0187004_13345817.jpg

箱根山

散歩の最後は戸山公園にある箱根山です。

箱根山は、標高44.6メートルあり、山手線内で最高峰です。

箱根山がある都立戸山公園の一帯は、江戸時代、尾張藩の下屋敷がありました。当時は「戸山荘」と呼ばれ、約45万平方メートルの広大な敷地には御殿のほか、池や山がありました。尾張藩の戸山荘は、尾張藩2代藩主の徳川光友が築いたもので、池をつくるために掘った土を盛り上げて造った人工の山です。下写真の奥に写っている山が箱根山です。

c0187004_13345030.jpg

 ご参加いただいた皆さんありがとうございました。




by wheatbaku | 2019-06-09 13:31 | ~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩
紀伊国屋文左衛門ゆかりの史跡

紀伊国屋文左衛門ゆかりの史跡

 和歌山県の湯浅町を訪ねた目的の一つに、紀伊国屋文左衛門ゆかりの史跡を訪ねるということもありました。

 紀伊国屋文左衛門は、暴風雨の中、紀州から蜜柑を運び大儲けをし、その資金を元手に、材木商を始めて、巨万の富を稼ぎ、吉原で散在し、紀文大尽と呼ばれたということで大変有名です。

その紀伊国屋文左衛門の出生地については諸説がありますが、紀伊国湯浅の別所生まれとする説があります。

 そのため、湯浅には、紀文に関係する石碑等が数多く設置されていました。

 

 湯浅駅から2分程度の駅近くに文平の像があります。

 文平というのは紀伊国屋文左衛門の幼い時の名前だと言われています。

 その文平(紀之国屋文左衛門)がみかん船にのって海の乗り出す雄姿を描いたものです。平成10年に建てられました。(下写真)

c0187004_10433712.jpg

 湯浅駅から5分ほどのところに勝楽寺があります。

勝楽寺は、平安時代に有田地域一帯に勢力を持っていた湯浅氏の菩提寺として創建され、創建当時は七堂伽藍を持つ大きなお寺でした。

そのお寺の本堂裏側に「紀伊国屋文左衛門之碑」があります。

この石碑は紀伊国屋文左衛門を顕彰するため、昭和34年に建てられたものです。
 石碑の前には、「奉納松下幸之助」と刻まれた石灯籠がありました。(下写真奥が石碑で、右手前が石灯篭です)

c0187004_10433201.jpg

勝楽寺の北側(徒歩で1分)を国道42号が通っていますが、国道42号沿いの所に紀文生誕地記念碑と刻まれた石碑があります。

 この石碑がある地区は別所という地区であり、紀伊国屋文左衛門が生まれたのは湯浅の別所という説があるので、それに基づいた石碑だと思われます。

c0187004_10504742.jpg

 湯浅から少し離れた海南市の下津港が見える道路沿いに「紀伊国屋文左衛門船出の地」と刻まれた大きな石碑が建っています。

 JRきのくに線加茂郷駅からはタクシーを利用しましたが、5分程度で到着しました。ちなみに下津駅のほうが近そうですが、下津駅ではタクシーが拾えないということでしたので、加茂郷からタクシーを利用しました。

c0187004_10432598.jpg
 

 このように紀伊国屋文左衛門は紀州湯浅の出身ということで、湯浅では、紀伊国屋文左衛門は有名人ですが、その実像はあまりはっきしていないともいわれています。 
 7月に、文京学院大学生涯学習センターで、江戸の豪商たちについてお話をさせていただきますので、現地を訪問した情報も含めて紀伊国屋文左衛門についても触れますので、ご興味のあるかたはぜひお申込みください。


講座の概要は次の通りです。

 一代で巨大な富を築いた男たち

 ―江戸の豪商列伝―

 日程     71327

 曜日・時間  土曜日 13301500


 詳細やお申し込みは下記ホームページからお願いします。

 文京学院大学生涯学習センター




by wheatbaku | 2019-06-05 10:27
「江戸検1級合格虎の巻」講座の申込受付を開始!!

「江戸検1級合格虎の巻」講座の申込受付を開始!!

 かねて、予告させていただいていた江戸楽アカデミーでの『江戸検1級合格虎の巻』講座ですが、江戸楽アカデミーのホームページで告知されましたので、お知らせします。

c0187004_23252743.jpg

 講座概要は、次の通りです。

《江戸楽アカデミーの講座概要》

これを聞けば合格に必ず近づく!『江戸検1級合格虎の巻』講座

開催  8月10日(土)12:30~15:30

受講料(税込) 4,860円

会場  小学館集英社プロダクション・SP第3ビル

定員  38名

 この講座では合格のためのエッセンス(心構え、勉強方法、記述問題対策)をお話しします。それに加え昨年合格した人の合格体験談もあります。

 江戸検は来年で終了だそうです。何としても1級に合格したいと思っている方、ぜひご受講ください。
 また、今年初めて1級を受検される方でも、合格できる方法がありますので、初めて受検される方もぜひご受講ください。


 受講ご希望の方、江戸楽アカデミーの公式ホームページから、お申し込みください。 

c0187004_20503318.jpg

 江戸楽アカデミーのホームページは下記です。講座の詳細や申込方法が告知されています。  

江戸楽アカデミー











by wheatbaku | 2019-06-03 15:00
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
最新のコメント
ツユクサさん 江戸城散..
by wheatbaku at 12:53
獏様 江戸城散策、お疲..
by ツユクサ at 08:26
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 11:42
今回のブログで、霊厳寺が..
by 宮越重遠 at 10:51
やぶひびさん 本妙寺は..
by wheatbaku at 13:05
「江戸から東京へ1」を図..
by やぶひび at 09:30
ツユクサさん 土曜日は..
by wheatbaku at 21:00
獏さん 案内お疲れ様で..
by ツユクサ at 11:10
小ツルさん 「むさしあ..
by wheatbaku at 09:50
バクさま、加州そうせい公..
by 鶴ヶ島の小ツル at 16:57
加州そうせい公様 私も..
by wheatbaku at 07:34
バクさん 昨日の江戸楽..
by 加州そうせい公 at 17:31
mikawaさん 先日..
by wheatbaku at 12:55
宮越さん コメントあり..
by wheatbaku at 09:03
宮越さんからコメントをい..
by wheatbaku at 09:00
mikawaです。先日は..
by mikawa ケンイチ at 08:17
ツルさん 名古屋に住ん..
by wheatbaku at 16:18
獏さま ははあ、あの石..
by 鶴ヶ島の小ツル at 15:20
やぶひびさん NHKB..
by wheatbaku at 17:54
今夜3/3.20:00~..
by やぶひび at 12:49
最新のトラックバック
『西郷どん』、恋愛ごっこ..
from Coffee, Cigare..
各合戦の動員人数について..
from Coffee, Cigare..
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
天ぷらの歴史 (天麩羅処..
from グドすぴBlog
再出発が始まる
from 哲学はなぜ間違うのか
穴八幡宮
from Coffee, Cigare..
風景印  28.4.30..
from としちゃんの風景印・郵趣日誌
山王日枝神社@溜池山王
from たび☆めし☆うま BLOG
浮世絵の誕生・浮世絵の歴..
from dezire_photo &..
お気に入りブログ
江戸・東京ときどきロンドン
ファン
ブログジャンル
歴史
アウトドア