人気ブログランキング |
<   2019年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
神田上水②(新江戸百景めぐり52-2)

神田上水②(新江戸百景めぐり52-2

今日は「神田上水」の続編ですが、今日は、大洗堰で取水された水が、どのようにして、江戸市中に供給されたかについて説明していきます。

 

大洗堰で分流した水は、小日向台の下を通って、水戸藩上屋敷の中を流れた後、現在の水道橋駅付近で神田川を越えて、神田や日本橋地区に給水されました。

〈神田上水旧白堀跡〉

水戸藩上屋敷までは、現在の巻石通りを蓋のされていない水路(白堀)で流れて行きました。

巻石通りの途中に文京総合福祉センターがあります。その入口付近に神田上水の白堀跡が残されています。(下写真)

c0187004_15315754.jpg

文京総合福祉センターの建設工事をする際に、平成23年から24年にかけて発掘調査が行われ、神田上水関連の遺構が発見されました。

この調査で発見された白堀跡は、石積み護岸で、長さは60m以上確認されました。そして、その一部が現地で展示されていて、地上から見えるようになっています。

c0187004_15315759.jpg

〈小石川後楽園を通る神田上水〉

神田上水は、水戸藩上屋敷(現在の小石川後楽園)を通っていました。その名残りが現在も小石川後楽園に残されています。

小石川後楽園に残された神田上水跡を見ると江戸時代の神田上水がどのようなものであったのかよくわかります。下写真は、小石川後楽園に残された神田上水路で、水路の左手に「神田上水跡」と書かれて杭があります。

c0187004_15315796.jpg

また、意外と神田上水だと気が付かないのが円月橋の下を流れる水路です。この水路も神田上水跡です。円月橋は、明の儒学者朱舜水が設計したと言われていて、水面に映る形が満月のように見えることから円月橋と名付けられました。

c0187004_15315867.jpg
 

下の絵が小石川後楽園の園内図ですが、赤字のラインが神田上水の水路です。左側が北になりますので、園内の北側の水路部分が神田上水の流路ということになります。

c0187004_15315728.jpg

〈御茶ノ水の懸樋(かけひ)〉

 水戸藩上屋敷を流れた神田上水は、石樋を利用して、現在の白山通りの下を流れた後、神田川を越えていきました。

 神田上水が神田川を渡るためにかけられた橋が「懸樋」と呼ばれています。

懸樋の長さは約17間(約56m)あり、銅張の屋根が葺かれていました。

 水道歴史館には、懸樋の模型があります(下写真)

c0187004_15315727.jpg

写真の左側(現在の文京区)から右側(同・千代田区)に給水されていました。

 また、懸樋が架けられていた場所に「神田上水懸樋(掛樋)跡」と刻まれて石碑が建てられています。 

c0187004_15315791.jpg

〈神田上水の給水地〉

 神田上水が供給した範囲は、江戸城の東から東北方面にあたる神田・日本橋・京橋地区一帯になります。

 懸樋により、神田川を越えた神田上水は、小川町や神保町に供給しつつ神田橋に向かいます。

 神田橋で、二筋に分れて、一筋は神田橋門内に入り、神田橋門内の大名屋敷に供給します。もう一筋はお堀に沿って流れて行き、龍閑橋(現在はありません)で、内神田一帯と供給する支流を分岐し、本流は常盤橋に向かいます。

本流は、常盤橋に行くまでに、大伝馬町から両国(現在の東日本橋)に供給しました。本流は、一石橋で御堀を越えて京橋地区にまで供給しました。

 下写真は、江戸東京博物館に掲示されている神田上水の供給範囲です。 緑色が神田上水の水路です。なお、青印は玉川上水の水路です。

c0187004_15315800.jpg

 赤印が文京総合福祉センターです。

 青印が「神田上水懸樋(掛樋)跡」石碑の設置場所です。





by wheatbaku | 2019-12-05 15:28 | 新江戸百景めぐり
神田上水①(新江戸百景めぐり52-1)

神田上水①(新江戸百景めぐり52-1

 新江戸百景めぐりで、今日は「神田上水」をご案内します。

 『新江戸百景めぐり』(小学館刊)では56ページの第14  景で紹介されています。

 神田上水について原稿を書いていたら長くなりましたので、2回に分けて案内します。今日は、神田上水と大洗堰について案内します。

 下写真は、神田上水の大洗堰があった場所付近に架かっている大滝橋と文京区教育委員会が設置した「大洗堰跡」の説明板です。

c0187004_22423363.jpg

〈神田上水とは〉

 神田上水は、井の頭池を水源として、途中で善福寺川と妙正寺川の水を加えて、大洗堰かから取水し江戸市中に水を供給していました。

東京市稿には「神田上水は府下三上水の一つなり、水源は多摩郡吉祥寺村の井ノ頭ノ池より流出するものを本流とす。また、上井草村善福寺の池より流出するもの一条あり。和田村において本流に合し。下井草村妙正寺池より流出する井草川あり。落合村に至りて本流へ合す。(中略)関口に至り別れて両派となり、一つは大洗堰を下りて江戸川となり、一つは水門より目白台下を白堀に入りて、すなわち上水となる」と書いてあります。

 昭和40年に河川法の改正により、井の頭池から隅田川の合流地点まですべてが神田川と呼ばれるようになりましたが、江戸時代は、井の頭池から大洗堰を経て江戸市中までを神田上水といい、大洗堰の余水が流れる川を江戸川、そして現在の飯田橋より下流を神田川と呼びました。

神田上水の開設時期と開設者については二説あります。

一つが、徳川家康の江戸入りの直後、大久保主水が開いたと言われていて、その功績により大久保主水(もんと)の名を拝領したと言われています。その一方で、寛永年間に内田六次郎が開いたという説もあります。

この二説について、どちらが正しいのか、いまだにはっきりしていないようです。

「江戸町人の研究第5巻」(吉川弘文館刊)の「江戸の水道制度」(伊藤好一著)では、大久保主水が開いたという説と神田六次郎が開いたという説を開設したうえで、「神田上水の開鑿(かいさく)については、その開鑿の年時が不明であるとともに、開鑿した者についても不明な点が多い」と書いています。

〈大洗堰〉

 大洗堰は目白台下にありました。現在は、大洗堰は取り払われてすっかり姿を消しましたが、大滝橋の辺りにあったと考えられていて、そこには文京区教育委員会の説明板がたっています。(最上段写真)

先日の毎日文化センターの「~山手線一周~ 駅から気ままに江戸散歩」でも、大洗堰を案内しました。下写真は、文京区の説明板を見ながら説明を聞く参加者の皆様です。

c0187004_22423326.jpg

 大洗堰は、ここで水位をあげて、関口台へ水を流すために設けられましたが、神田川では、この地点まで海水が遡ることを考慮して大洗堰を設けていました。

大洗堰は、石造りで、増水した際には堰の上を水が乗り越えられるように造られていました。水が堰を洗うように流れるため、大洗堰をいう名がついたといいます。 

 下画像が、「江戸名所図会」に載っている大洗堰です。江戸時代の大洗堰がどのような形をしていたかよくわかります。

 

c0187004_22423321.jpg

 

〈大洗堰由来碑〉

文京区設置の説明板の下流側の歩道脇に「大洗堰由来碑」がありました。

それによると、東京市は、大洗堰の保存のために、大正8年、大洗堰があった周辺の地を江戸川公園として整備しましたが、昭和12年に江戸川が改修され、大洗堰がなくなりました。そこで、翌年、堰の部材を再利用して、由来碑を建てました。しかし、その由来碑もなくなってしまいました。その後、碑文だけが見つかったため、見つかった碑文を改めて江戸川公園に設置したそうです。(下写真の左が碑文です)

c0187004_22423387.jpg

発見された由来碑の碑文の文面は次の通りです。

  神田上水舊蹟碑記

徳川氏府ヲ江戸ニ開クノ初大久保主水忠行命ヲ受ケテ上水開設ノ工ヲ起シ多摩郡井之頭池ノ水ヲ用ヒ此処ニ堰ヲ設ケテ神田ヨリ市中ニ給水ス神田上水即チ是ナリ此処ハ地勢高峻老樹翁尉タル目白臺下ノ景勝ニ位シ亦四季ノ景物ニ富メルヲ以テ古来江戸名所トシテ聞ユル事久シ俳聖芭蕉嘗テ上水道修築ニ従ヒテ此処ニ寓シ遺阯今ニ傳ヘテ風流ノ余韻ヲ慕フモノ尠カラズ

大正八年(1919)附近水道附属地ヲ江戸川公園ト為シ上水史蹟ノ保存ニ努メシガ昭和12年(19373月江戸川改修ノ工成ルニ至ツテ遂ニ舊観ヲ失ヘリ仍テ茲ニ舊洗堰遺材ノ一部ヲ用ヒ碑ヲ建テ由来ヲ刻シ以テ追憶ノ資トナス

 昭和13年(20013月 東京市

〈神田上水取水口の石柱〉

由来碑の近くに神田上水取水口の石柱があり、次のような説明がされています。

「関口の大洗堰(現在の大滝橋あたり)で水位をあげ、上水路(白堀)で水戸屋敷(現後楽園一帯)に入れた。そこから地下の水道で、神田、日本橋方面に給水した。

 この大洗堰の取水口に、上水の流水量を調節するため「角落(かくおとし)」と呼ばれた板をはめこむための石柱が設けられた。ここにある石柱は、当時のもので、昭和8年大洗堰の廃止に寄り撤去されたものを移した。なお、上水にとり入れた余水は、お茶の水の堀から隅田川へ流された。」

 石柱をよくみると溝がきられていて、そこに板を落として水量を調整したと思われます。(下写真)

c0187004_22423348.jpg

 赤印が大滝橋です。




by wheatbaku | 2019-12-01 22:40 | 新江戸百景めぐり
  

江戸や江戸検定についてに気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事