人気ブログランキング | 話題のタグを見る
天海が家康と初めて対面したのは家康が駿府に移った後のこと《川越喜多院②》(徳川家康ゆかりの地65)

天海が家康と初めて対面したのは家康が駿府に移った後のこと《川越喜多院②》(徳川家康ゆかりの地65

 喜多院の本堂(慈恵堂とも言う)の南側の小高い丘の上に慈眼堂があります。この建物は、没後慈眼大師という大師号を朝廷から贈られた天海をお祀りするものです。(下写真は慈眼堂の正面から写したものです)

天海が家康と初めて対面したのは家康が駿府に移った後のこと《川越喜多院②》(徳川家康ゆかりの地65)_c0187004_18062768.jpg

 慈眼堂は、三間(約5.45メートル)四方の宝形造りの建物で、天海が亡くなって3年後の正保2年(1645)に徳川家光の命により建立されたものです。国の重要文化財です。

慈眼堂内部には、天海の木像が安置されています。(下写真)天海が亡くなる約2ヶ月前の寛永208月頃に造られたそうです。埼玉県の有形文化財に指定されています。椅子に座り、右手には払子を持ち、朱色の鮮やかな袈裟をまとった姿をしています。

天海が家康と初めて対面したのは家康が駿府に移った後のこと《川越喜多院②》(徳川家康ゆかりの地65)_c0187004_18062863.jpg

 なお、慈眼堂が建つ場所は小高い丘になっていますが、これは7世紀初頭の古墳です。下写真を見ると古墳の面影があるのがわかると思います。

天海が家康と初めて対面したのは家康が駿府に移った後のこと《川越喜多院②》(徳川家康ゆかりの地65)_c0187004_18062777.jpg


 天海は、陸奥国会津高田(福島県会津美里町)に生まれました。会津を治めていた蘆名(あしな)氏の一族に生れたと言われています。生まれた年は天文5年(1536)説が有力です。

 以下、川越市立博物館の図録『徳川家康と天海大僧正』に掲載されている年表を参考に、天海の略歴を書いてみると次の通りです。

天文15年(1546)、11歳で出家し,はじめ随風と名のりました。

天正18年(1590)徳川家康が関東に入国した年、天海も無量寿寺北院に入寺しました。この時、「随風」から「天海」に名を改めたといいます。

慶長10年(1605)家康は征夷大将軍の職を秀忠に譲り、駿府に隠居しました。天海は、同じ年に芳賀郡長沼(栃木県真岡市長沼)の宗光寺に入り、慶長12年(1607)に、比叡山の争論を裁断するために家康から命じられて上洛し比叡山南光坊に住みました。南光坊に住んだため南光坊天海と呼ばれます。

 慶長13年(1608)頃、駿府で初めて家康に謁見しました。慶長16年(1611)、天海は、僧正に任じられます。慶長17年(1612)、天海は家康から無量寿寺の再興を命ぜられ、この頃、北院の名称を「喜多院」に改めたといいます。

 家康は天海を厚く信頼していて、死ぬ際に遺言を残すメンバーの一人に選ばれています。しかし、ここまでの略歴でわかる通り、家康が、初めて天海と対面したのは、家康が将軍職を秀忠に譲り、駿府に移った後のことでした。

川越市立博物館の年表では家康に天海が初めて対面したのは慶長12年(1607)としてあり、『徳川実紀』では「(天海は)慶長15年に初めて駿府に召出された。」と書いてあります(※、『徳川実紀』原文は後記しました)。また、喜多院発行の小冊子『喜多院』(下写真)では、天海が家康と初めて会ったのは慶長13年あるいは慶長15年のこととしています。

 天海が家康に初めて対面した年については諸説がありますが、家康が秀忠に将軍職を譲って駿府に移ったのは慶長12年のことですので、いずれにしても、天海が家康と対面したのは家康が駿府に移った最晩年ということになります。それにもかわかわず、天海は短い間に家康の深い信頼を得たといえるようです。

天海が家康と初めて対面したのは家康が駿府に移った後のこと《川越喜多院②》(徳川家康ゆかりの地65)_c0187004_18150787.jpg

 その後、天海の動向を、年表を参考に書いていきます。

 元和2年(1616418日、家康は駿府にて亡くなり、その日のうちに久能山に埋葬されました。天海は、この年の7月、大僧正に任じられます。

 元和3年(1617)315日、家康の遺骸は久能山から日光山に改葬されるため、久能山を出発しました。川越喜多院には323日到着し27日に出発しました。そして、44日日光山に到着し8日埋葬されました。

 寛永2年(1625)上野寛永寺が創建され、天海が住職となりました。この時、「東叡山」の山号は、喜多院から寛永寺に移り、喜多院の山号は「星野山」に戻りました。

 寛永15年(1638)、川越の大火で、喜多院、仙波東照宮ともにほとんどの建物が焼失しました。時の将軍家光は、すぐさま川越藩主堀田正盛を奉行として喜多院の再建に着手しました。そして、慈恵堂は寛永16年(1639)には再建され、寛永17年(1640)に境内の諸堂が完成しました。

 そして、喜多院の再建を見届けた天海は、寛永20年(1643)、上野寛永寺で亡くなりました。没年齢は108歳でした。この没年齢について宇高良哲氏は『天海・崇伝』の中で「天海の没年齢は108歳説が定説となっている。」と書いています。驚くほどの長寿だったということになります。そして、亡くなって5年後の慶安元年(1648)慈眼大師の大師号が朝廷より下されました。


 以上が天海の略歴ですが、喜多院の興隆に大きな功績を残していることから、喜多院の山門の前に天海の銅像が建てられています。(下写真)

天海が家康と初めて対面したのは家康が駿府に移った後のこと《川越喜多院②》(徳川家康ゆかりの地65)_c0187004_20360995.jpg

 説明板には次のように書かれています。「天海大僧正(1536~1643) 喜多院第27世住職であり、会津高田(現福島県会津美里町)出身、江戸時代初期、喜多院を復興しました。将軍徳川家康公の信頼あつく、宗教政策の顧問的存在として助言を行い、将軍も度々、川越城または喜多院を訪ねています。108歳で遷化(亡くなる)後、朝廷より「慈眼大師」の称号を賜りました。」


☆参考『徳川実紀』附録巻二十五

「天海僧正はもとは奥の会津蘆名が支族にして、いとけなきより釈門に入て諸刹を経歴して、名僧智識に就(つい)て廣く参禅の功をつみ、後に叡山に上りて東塔南光坊に住し、慶長15年はじめて駿府にめされて、法問を御聴に備え、またその説所の山王一実の神道ということ盛慮に叶い、これより眷注あさからず、常に左右に侍して顧問にあづかり、そが申所の事一事としてもちいられずということなし。御大漸に及ばせられし時にも、和尚を御病床にめし、我数百年の大乱を伐平らげ、四海一統の功をなし。齢また七旬にあまれり、天下の事一つとして欠る事なし。此うえは御坊の神道の奥義により、いよいよ子孫の繁栄を祈る事なり。つたえ聞、むかし大織冠鎌足は、摂州阿威に葬り、一年過ぎて和州談峰に遷葬せしとか。我なからん後には、此例になぞらえ、遺骸をばまず駿河の久能山に葬り、三年の後野州の日光山にうつすべしと御遺命ありしかば、和尚もなくなく御請申し、神されせ給いし後本多正純等と相議し、将軍家へ御遺托の旨を申上げしかば、台徳院殿の思召にて、その翌年日光山に遷し進らせしも、皆天海の専らうけひきつかうまつりし所なり。後に台徳院殿、大猷院殿の御代となりても、御待遇ますます浅からず、大僧正に叙し、毘沙門堂の勅号をさずけられ、遂に日光、東叡の両山を開き、叡山に合して三山と称するにいたれり。寛永2010月に遷化せしなり。」(*「国立国会図書館デジタルコレクション」より転載)



# by wheatbaku | 2024-03-20 22:45 | 徳川家康ゆかりの地
天海が住職と勤めた喜多院の歴史および慈恵堂《喜多院①》(徳川家康ゆかりの地64)

天海が住職と勤めた喜多院の歴史および慈恵堂《喜多院①》(徳川家康ゆかりの地64)

 先日、川越の喜多院に行ってきました。川越の喜多院は、平安時代に創建されたとされていますが、関ケ原の戦いの前年慶長4年(1599)に天海が住職となり、その天海が徳川家康に深く信頼されたことにより、家康も何回も川越を訪れています。また、家康が亡くなった翌年、久能山から日光に改葬される際には、喜多院に3日間家康の霊柩が安置され供養されました。その縁から、三大東照宮の一つに数えられる仙波東照宮も創建されています。このように、家康と深い関係のある喜多院をこれから数回にわたりご案内します。初回は、まず、喜多院の歴史について書いていきます。下写真は喜多院の本堂(慈恵堂または潮音殿とも呼ばれる)です。

天海が住職と勤めた喜多院の歴史および慈恵堂《喜多院①》(徳川家康ゆかりの地64)_c0187004_22015569.jpg

喜多院は、平安時代初期、淳和(じゅんな)天皇の勅願により天長7年(830)慈覚大師円仁により創建された勅願所で、無量寿寺と名づけられました。

その後、鎌倉時代の元久2年(1205)に兵火で炎上の後、永仁4年(1296)伏見天皇が尊海僧正に再興させたとき、慈恵大師(元三大師)をお祀りして関東天台の中心となりました。尊海僧正は、講義所として仏地院、修法の場として仏蔵院を建立し、さらに地蔵院を建立したとされています。仏地院、仏蔵院、地蔵院は、のちに、それぞれ、南院、北院、中院と呼ばれるようになります。

鎌倉時代後期の正安3年(1301)後伏見天皇(または後二条天皇とも)が東国580ヶ寺の本山たる勅書を下され、天台宗の関東総本山とされました。戦国時代には、後奈良天皇から「星野山」という山号の勅額を下されています。

しかし、天文6年(1537)には、小田原北条氏2代の北条氏綱が川越城を攻めた際に焼失し、その後、半世紀余りの間荒廃しました。

喜多院の発展に大きな貢献をした天海僧正が慶長4年(1599)に第27世住職となります。慶長16年(161111月家康が川越を訪れたとき親しく接見しています。そして慶長17年、仏蔵院北院を喜多院と改めました。

(※この、歴史からわかるように、現在、私たちが呼んでいる「喜多院」は、元々は「北院」と呼ばれていたようです。)

寛永15年(16381月の川越大火で山門(寛永9年建立)を除き建物がすべて焼失しました。そこで3代将軍徳川家光は川越藩主堀田正盛に命じてすぐに復興にかかり、7月に着工しました。まず最初に、東照宮が12月に再建され、江戸城紅葉山の建物が移築され、喜多院の客殿、書院等に当てられました。そして、慈恵堂が翌16年には完成しました。そして、寛永17年には、境内の諸堂もが再建されました。現在、喜多院にある建物の多くがこの時に再建されたものです。

 喜多院の本堂は、慈恵堂(じえどう)または潮音殿(ちょうおんでん)とも呼ばれます。(下写真)

天海が住職と勤めた喜多院の歴史および慈恵堂《喜多院①》(徳川家康ゆかりの地64)_c0187004_22070460.jpg

 慈恵堂(じえどう)とは、比叡山延暦寺第18代座主の慈恵大師良源(元三大師)を祀っている建物であるため、そう呼ばれています。

桁行9間(約16.4メートル)、梁間6間(約11メートル)で、建物の中には、中央に慈恵大師、左右に不動明王をお祀りされています。川越大火の翌年寛永16年(163910月に建立されたもので、埼玉県の登録文化財となっています。

 なお、「潮音殿(ちょうおんでん)」とも呼ばれるのは、喜多院のホームページによれば、「それは昔、広くて静かなお堂の中に入り正座し、耳を澄ませていると、なんと不思議なことにザザザー、ザザザーと、まるで潮の満ち引きのような音が聞こえてきたのだといいます。これには人々も驚き、まるで潮の音のようだというようになり、潮音殿といつしか呼ぶようになったということです。」と書かれています。

喜多院の本堂入口の賽銭箱の上を見あげると、そこに「潮音殿」の額がかかっています。(下写真)

天海が住職と勤めた喜多院の歴史および慈恵堂《喜多院①》(徳川家康ゆかりの地64)_c0187004_22015555.jpg







# by wheatbaku | 2024-03-15 22:45 | 徳川家康ゆかりの地
文京学院大学で江戸の貨幣制度についてお話しました。

文京学院大学で江戸の貨幣制度についてお話しました。

 昨日、文京学院大学生涯学習センターで江戸講座が開講されました。今回は、「よくわかる江戸のお金のはなし」と題して江戸の貨幣制度について話してきました。(下写真は文京学院大学の校門の写真です。) 

文京学院大学で江戸の貨幣制度についてお話しました。_c0187004_17392738.jpg

 江戸時代の貨幣制度は複雑だとよく言われます。それは、現代の貨幣制度と比較して、①金貨、銀貨、銭貨(せんか)の三種類の貨幣が公認されていたこと。②東日本では金貨が主に使用され、西日本では銀貨が主に使用されていたこと。③それぞれの貨幣の単位が異なっているうえに、金貨は十進法でなく四進法で数えられたことなどによります。

 そこで、主に江戸時代の三貨制度を中心に説明しました。

三貨制度を創ったのは徳川家康です。徳川家康は、慶長5年(1600)関ヶ原の戦いに勝利し、天下の実権をほぼその手中に収めましたが、征夷大将軍に任じられるより前の慶長6年(16015月、慶長小判、慶長一分金、慶長丁銀、慶長豆板銀を鋳造し、全国流通を目的とした統一貨幣として発行しました。

 家康は、室町時代まで全国的に流通していた銭貨をべースにして、その頃、産出が増加していた金銀を組み入れて、全国一律に適用される貨幣制度を創り上げました。

このことから、徳川家康が初めて貨幣を統一したと評価されています。こうした説明を入り口として三貨制度について詳しく説明しました。

 今回のテーマは経済関係のテーマであるため、興味を持たれる方が少ないのではないかと危惧していましたが、いざ蓋をあけてみると30人弱の方が受講してくださり、大変うれしく思いました。

しかも、講義の際には、真剣に聞いてくださり、最後の質問コーナーでも多くの人に質問していただき、熱心に受講していただいたことがよくわかりました。(下写真は講義の様子です) 受講いただいた皆様ありがとうございました。

文京学院大学で江戸の貨幣制度についてお話しました。_c0187004_17392723.jpg

 また、アンケートでも、皆さんから継続して江戸のお金の話を聞きたいという感想をいただきました。こうしたアンケート結果に感謝しつつ、江戸の貨幣制度は奥が深いので、さらに深い話ができる機会を設定したいと思いながら帰途につきました。




# by wheatbaku | 2024-03-10 17:26
竹千代が武運長久を祈願した小梳(おぐし)神社(徳川家康ゆかりの地63)

竹千代が武運長久を祈願した小梳(おぐし)神社(徳川家康ゆかりの地63

 徳川家康は竹千代と呼ばれていた幼い時、今川家の人質として駿府に送られました。小梳神社は、そこ際に今川義元に対面する前にこの神社に立ち寄り、武運長久を祈願したとされている神社です。下写真が社殿です。

竹千代が武運長久を祈願した小梳(おぐし)神社(徳川家康ゆかりの地63)_c0187004_18475296.jpg

 JR静岡駅前のビル群の間にあり目印は静岡パルコです。駅からは徒歩5分でお参りできます。下写真は呉服町通りに面した鳥居です。鳥居の向かい側にパルコがあります。

竹千代が武運長久を祈願した小梳(おぐし)神社(徳川家康ゆかりの地63)_c0187004_18475259.jpg

 小梳神社についての説明をいろいろ調べてみましたが、神社の境内に掲示されている由緒がもっとも詳しいと思います。(下写真)。それによると、神社の「創建年代はハッキリしませんが、もともとは、現在の静岡県庁の東南の地辺り、すなわち静岡市歴史博物館がある辺りに鎮座していたようです。その地が小梳(おぐし)と言う地名で、小梳(おぐし)という神社名は、この地名に由来するもので、慶長14年(1609)駿府城を拡張した際に城内となり、徳川忠長が寛永8年(1631)に仮宮を造って奉遷し、延宝3年(1675)に現在の地に社殿を造営して遷宮したようです。その由緒(下写真)を転記しておきましたので、詳しくは下記をご覧下さい。

竹千代が武運長久を祈願した小梳(おぐし)神社(徳川家康ゆかりの地63)_c0187004_18475225.jpg

小梳神社 

祭神 建速須佐之男命(たけやはすさのおのみこと) 奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

相殿祭神  大己貴命(おおなむちのみこと) 天照皇大神 金山彦命(かなやまひこのみこと) 猿田彦命(さるたひこのみこと)

由緒 当神社創建の年代は詳かでないが、静岡市では最も古い神社の一つである。元の鎮座地は、現在の県庁の東南側の所であった。その周辺一帯の地名を古くは小梳(おぐし)と云い、後に東川辺と改められた。惣国風土記に「小梳神社所祭素盞嗚尊・奇稲田姫也。小梳後号東川辺、延喜式安倍郡小梳神社とあるは此社なり」と記載されている。大宝令の定めにより横田駅が設けられて以来は、その守護神として信仰され、貞観の頃より祇園信仰が全国に拡まるにつれて、当神社は少将井神社とも云われ、江戸時代には一般町民からは専ら「少将の宮」と称せられたようである。 

この東川辺の地に駿府城が築かれて以来は、府城の守護神としての崇敬が加わり、特に徳川家康が幼時今川家の人質として、当神社の宮前町に居住し撫育につとめた祖母華陽院と共に、日夜武運長久を祈願し、後年家康が大阪夏の陣に勝利し天下を平定して、この駿府城に隠居するにあたり、代々徳川家の守り神と伝わる大己貴命・天照大神二神を、小梳神社に合祀し、少将井五所大神宮と称し、元和元年九月三日に林道春(羅山)に命じて、この由を社講に識さしめ奉献したものが現存している。

これよりさき、慶長十四年駿府城の城域拡張により、当神社はその城域内に入った。駿河大納言忠長は、不敬を冒すを畏れ、又庶民参拝の便をはかって、寛永八年に仮宮を造って奉遷し、延宝三年に現在の地に社殿を造営して遷宮したこの造営の事にあたったのは城代松平右近を始めとして町奉行大久保甚兵衛外城番、番頭、加番、目付等である。

翌延宝四年から隔年に神幸祭が行われた。この神幸祭はぎおん祭といわれ町奉行、与力、同心が警護にあたり加番集より出し馬があり、駿府の町々は一番より四番まで組合を定め各町より屋台、台の物など踟物を出し駿府全域の町々を巡行した。当時のもようを駿国雅誌には「供奉の行列装束を粧い引連なる踟物の結構は都山王の祭礼に彷彿たり」と記されている。

明治八年二月郷社に列し、明治四十年七月県社に昇格した。

昭和十五年一月静岡市大火により社殿工作物を悉く失い、同年建築した仮社殿も昭和二十年六月の戦災により再び炎上したが昭和二十五年以来本殿・社務所・手水舎其他現在の建物を順次復興建築した。

昭和三十七年三月七日、北白川神宮祭主様が伊勢神宮の坊城大宮司、神社本庁佐々木統理を伴って正式参拝された。

例祭日 七月二十七日

新庄道雄の石文 駿河国三大地誌の一と高く評価されている評価されている「駿河国新風土記」の著者新庄道雄の碑が、当神社境内にある。平田篤胤の撰文で静岡市文化財に指定されている。

 上記由緒の最後に記載されている「駿河国新風土記」の著者新庄道雄の碑は、境内の池の畔に設置されています。(下写真)

竹千代が武運長久を祈願した小梳(おぐし)神社(徳川家康ゆかりの地63)_c0187004_18475323.jpg

 下地図の中央が小梳神社です。






# by wheatbaku | 2024-02-21 22:00 | 徳川家康ゆかりの地
華陽院に眠る駿府の人質時代の竹千代(家康)を養育した源応尼は謎多き人物(徳川家康ゆかりの地62)

華陽院に眠る駿府の人質時代の竹千代(家康)を養育した源応尼は謎多き人物(徳川家康ゆかりの地62

 今日は静岡市内の徳川家康ゆかりの寺社の一つである華陽院(けよういん)を紹介します。華陽院には駿府で人質時代を過ごした徳川家康を養育した家康の祖母源応尼のお墓があります。

 華陽院は、JR静岡駅北口から徒歩10分の距離にあります。下写真がお寺入口ですが、正面が本堂です。入口右手は境内に併設されている幼稚園です。

華陽院に眠る駿府の人質時代の竹千代(家康)を養育した源応尼は謎多き人物(徳川家康ゆかりの地62)_c0187004_21070361.jpg
 華陽院は、元々、真言宗のお寺で知源院と称しましたが、永禄3年(1560)源応尼が亡くなると当寺に埋葬され、源応尼50回忌の慶長14年(1609)、源応尼の法名をとって華陽院と改め、浄土宗に改宗しました。下写真が華陽院の本堂です。
華陽院に眠る駿府の人質時代の竹千代(家康)を養育した源応尼は謎多き人物(徳川家康ゆかりの地62)_c0187004_21070274.jpg

 本堂手前に華陽院について静岡市の説明板があります。それには次のように書かれていました。

華陽院に眠る駿府の人質時代の竹千代(家康)を養育した源応尼は謎多き人物(徳川家康ゆかりの地62)_c0187004_21070373.jpg

「華陽院は、徳川家康の祖母・源応尼の菩提寺で、はじめ知源院と呼ばれていた。源応尼は、天文20年(1551年)8月、当時今川家の人質となっていた竹千代(後の家康)の養育者として岡崎から招かれ、知源院の近くに寓居を構えた。源応尼の親身の愛情は、肉親と遠く離れて淋しく暮らしていた幼い竹千代の心を大いに和ませた。竹千代は、源応尼の寓居と田んぼをはさんで隣りあったこの寺へよく遊びに来たが、竹千代を慈愛の心を持って迎え、時には文筆の師となって訓育したのが、住職知短であった。

 源応尼は、永禄3年(1560年)56日、成人した徳川家康が、今川義元上洛の先陣として浜松にあるとき、駿府で逝去した。後年、大御所として駿府に隠退した家康は、祖母のために盛大な法要を営んだ。「華陽院」の名は、その法名から改められたものである。

 境内には、源応尼の墓と並んで、7歳で死んだ家康の五女市姫の墓が、近くには側室お久のかたの墓もある。主な寺宝 団扇(家康が使ったもの) ひなた屏風(市姫が使ったもの)  静岡市 」

 源応尼のお墓は、本堂西側の墓所の中にあります。(下写真)

華陽院に眠る駿府の人質時代の竹千代(家康)を養育した源応尼は謎多き人物(徳川家康ゆかりの地62)_c0187004_21070201.jpg

 源応尼については、静岡市の説明板の通り、幼い頃の徳川家康の養育にあたったとされています。しかし、源応尼の素性についてははっきりしておらず謎が多いようです。『新編岡崎市史2(中世)』(国立国会図書館デジタルコレクションで読むことができます)の中に「家康誕生」という項目の中で源応尼(於富)に関して触れられていますので紹介します。

『新編岡崎市史』では、「家康の父は広忠(16歳)、母は水野忠政の女(むすめ)於大(15歳)。二人の婚姻は、天文10年のことであったが、この婚姻は政略的なものであるとともに祖父清康の影をひいたものであった。」と書かれたあと、「清康の影とは、(中略)、広忠は清康と青木貞景の女との間の子、於大は忠政と大河内元網養女於富(宮前七女、一説に尾張の青木式宗女)との間の子で、於富は忠政の死後は清康の妾となったから、広忠と於大は父母は異なるものの兄妹という関係によるというものである。」と、まず松平広忠と於大は父母は違うものの兄と妹という関係になると書いてあります。

 その後で、家康の祖母源応尼(実名は於富)について『新編岡崎市史』では、次のように説明しています。「広忠と於大は兄妹となるが、問題になるのは清康の三人目の妻という於富である。『松平記』は於富は水野忠政没後清康の室となったというが、忠政は清康に遅れること7年の天文12712日に51歳で没しているから、これは正しくないことになる。また忠政と於富の間の子とされている5人のうち生年の知られる四人の生まれは、忠守が大永51525)年、於大が享禄元(1528)年、忠分が天文61537)、忠重が天文101541)年となっており、於大と忠分の間に近信がいることを考えると、於富は清康の妻となった可能性は皆無といってよかろう。それにもかかわらず、『松平記』のみならず近世の幕府編纂の諸書までが、於富は清康の死後は星野秋国、菅沼興望、川口盛祐とさらに三度嫁したというのは、一体何によった話であろうか。さらに竹千代(家康)の駿府在住時代に、源応尼と称して16歳まで養育し、70余歳で永禄31560)年に没したというにいたってはどう解釈してよいのか判断に苦しむ。守山崩れで清康が25歳で死んだ折、於富は40歳をこえていた計算になるからである。

 赤字部分に書いてある通り、源応尼(於富)は、静岡市の説明とは異なり、非常に謎の多い人物だという説もあるようです。

 そのうえで、『新編岡崎市史』では最後に「於富をめぐる謎も時代のしからしめるところであったといえそうである。」と書いています。戦国時代は謎のことが多く、源応尼の謎もその一つということのようです。

 華陽院の源応尼のお墓の手前には、3歳で亡くなった家康の五女市姫のお墓があります。(下写真)

華陽院に眠る駿府の人質時代の竹千代(家康)を養育した源応尼は謎多き人物(徳川家康ゆかりの地62)_c0187004_22280397.jpg

下地図中央が華陽院です。



# by wheatbaku | 2024-02-16 22:45 | 徳川家康ゆかりの地
  

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事