人気ブログランキング | 話題のタグを見る
記念艦「三笠」の歴史(横須賀軍港ものがたり⑩)

記念艦「三笠」の歴史(横須賀軍港ものがたり⑩)

 日露戦争当時の連合艦隊の旗艦であった戦艦「三笠」が横須賀で記念艦「三笠」として残されています。そこで今回は記念艦「三笠」についてご案内します。

 「軍港巡り」の汐入桟橋からは徒歩20分、京浜急行横須賀中央駅からは徒歩15分です。下写真が記念艦「三笠」の全景です。右手が艦尾、左手が艦首です。

記念艦「三笠」の歴史(横須賀軍港ものがたり⑩)_c0187004_18251844.jpg

 上記写真の中央には、東郷平八郎の銅像があります。それを拡大したのが下記写真です。

記念艦「三笠」の歴史(横須賀軍港ものがたり⑩)_c0187004_13291327.jpg

 戦艦「三笠」が記念艦「三笠」として残された歴史をまず説明しようと思います。

戦艦「三笠」は、イギリスのヴィッカース造船所で、明治35年(19023月に建造されました。竣工後、直ちに横須賀に回航され、明治3612月、連合艦隊の旗艦になりました。

明治372月から始まった日露戦争では、東郷平八郎司令長官が座乗する連合艦隊の旗艦として旅順口閉塞作戦や黄海海戦に参加しました。

 そして、ロジェストヴェスキー中将を司令長官とするバルト海からはるばる遠征してきたバルチック艦隊を迎え撃ち、明治3852728日にわたった日本海海戦で激しい戦闘を繰り広げ、ロシア艦隊を完膚なきまでに撃破しました。

 しかし、日露戦争終結直後の明治38911日、「三笠」は佐世保港内で後部弾薬庫の爆発事故のため沈没するという悲劇に見舞われました。

 その後、引き揚げられ修理され、第一艦隊の旗艦として現役に復帰したものの、ワシントン軍縮で主要艦の保有制限が課せられたことから、大正129月、艦齢が古くなった「三笠」は廃艦されることになりました。

 しかし、日露戦争の勝利に貢献した戦艦「三笠」を永久に残すべきとの声が内外で高まり、記念艦として保存されることが決定されました。

「当初、東京芝浦に廻航する予定でしたが、横須賀港岸壁に係留中、 関東大震災で艦底に破孔が生じ浸水したため、急遽横須賀に置くことに変更され、大正146月、保存工事を終えた「三笠」は、満潮時を利用して曳船により岩場を掘削した現在の場所に引き入れられ、艦首を皇居に向けて固定されました。」(「記念艦『三笠』ホームページより」

「三笠」の艦首には菊の御紋章が付けられていて、艦首は確かに東京方面を向いていました。(下写真)

記念艦「三笠」の歴史(横須賀軍港ものがたり⑩)_c0187004_18251821.jpg

昭和208月、日本が太平洋戦争に敗れると、日本に進駐してきた連合国軍の中でソ連は記念艦「三笠」を解体するよう強硬に要求したそうです。こうしたソ連の解体要求を考慮して米海軍司令部は「三笠」の艦橋、大砲、煙突、マストなど上甲板構造物を撤去したうえで保存使用することを許可しました。

しかし、横須賀市から「三笠」と周辺地の使用を委託された民間企業は、上甲板構造物を撤去した跡に、水族館、ダンスホールなどを設け、「三笠」を遊興施設に変えただけでなく、「三笠」の近くに保管されていた大砲やマストなどを売却してしまったそうです。

こうした「三笠」の惨状を観たイギリス人がジャパンタイムスに投稿したことをきっかけに、昭和3311月、三笠保存会(会長渋沢敬三)が再び結成され、「三笠」復元運動が始まり、国内外から16千万円もの募金が集まりました。

この募金、アメリカ海軍のニミッツ元帥の協力、そして政府の支援により復元工事が実施され、昭和36年、「三笠」は元の姿に復元されました。

下写真は、記念艦「三笠」の入り口です。料金は大人600円です。

記念艦「三笠」の歴史(横須賀軍港ものがたり⑩)_c0187004_18251953.jpg

下地図の中央が「記念艦『三笠』」です。










# by wheatbaku | 2022-05-23 18:22 | 近代化に貢献した幕臣
ヴェルニー記念館(横須賀軍港ものがたり⑨)

ヴェルニー記念館(横須賀軍港ものがたり⑨)

ヴェルニー公園の最北部のJR横須賀駅の目の前にヴェルニー記念館があります。ヴェルニー記念館は平成14年51日に開館しています。

下写真はヴェルニー公園からみたヴェルニー記念館です。

ヴェルニー記念館(横須賀軍港ものがたり⑨)_c0187004_17411873.jpg

ヴェルニー記念館に入ると入口にヴェルニーの経歴が解説されています。(下写真)

ヴェルニー記念館(横須賀軍港ものがたり⑨)_c0187004_17411891.jpg

ヴェルニー記念館の展示品のメインは2台のスチームハンマーです。

 スチームハンマーは、蒸気(スチーム)を動力としてハンマー(鎚)を持ち上げてこれを落下させて、加熱した金属素材を叩いて金属を鍛造する工作機械です。

 ヴェルニー記念館には、「3トン門形」と呼ばれるスチームハンマーと「0.5トン片持形」と呼ばれるスチーム・ハンマーが保存されています。これらのスチームハンマーは、慶応元年(1865)にオランダで製造され、横須賀製鉄所(造船所)が建造された時に輸入されたものです。(下写真は「3トン門形」です。)

ヴェルニー記念館(横須賀軍港ものがたり⑨)_c0187004_17411804.jpg

3トンのスチームハンマーは、慶応元年(1865)に製造され、平成9年(1997)まで「在日米海軍横須賀基地艦船修理廠」で稼働していて、平成12年(2000)に横須賀市に移管されました。

このスチームハンマーは、総重量約18.4トン、高さ約6メートルあり、国の重要文化財に指定されています。(下写真)

ヴェルニー記念館(横須賀軍港ものがたり⑨)_c0187004_17411922.jpg

基礎部分には、1865年にオランダのロッテルダムで製造されたことを示す刻印があります。(下写真)

ヴェルニー記念館(横須賀軍港ものがたり⑨)_c0187004_17443274.jpg

一方、0.5トンのスチーム・ハンマーは、総重量が12.4トン(推定)で、高さは約3.4メートルあります。昭和46年(1971)に米軍から日本政府に返却されたのち横須賀市に払い下げられ、横須賀中央公園に展示されていましたが、平成13年に復元修理が行われ、翌14年、ヴェルニー記念館に展示されました。(下写真) 

ヴェルニー記念館(横須賀軍港ものがたり⑨)_c0187004_17411815.jpg

下赤印がヴェルニー記念館です。





# by wheatbaku | 2022-05-19 17:33 | 近代化に貢献した幕臣
ヴェルニーが造った第一号ドックは今も現役(横須賀軍港ものがたり⑧)
ヴェルニーが造った第一号ドックは今も現役(横須賀軍港ものがたり⑧)

 横須賀製鉄所で最初にヴェルニーが造ったドックは明4年に完成した日本最古の石造りドックで現在もアメリカ海軍と海上自衛隊の修理施設として現役として使用されています。下写真は、ヴェルニー公園から見える一号ドックです。赤くマークしてある部分が一号ドックです。

ヴェルニーが造った第一号ドックは今も現役(横須賀軍港ものがたり⑧)_c0187004_18060796.jpg


 ドックは日本語では、船渠(せんきょ)とも呼ばれていて、ヴェルニーが最初に造ったドックを第一号船渠(ドック)と表記しているものもありますが、このブログでは、ドックと書いていきます。

ドックは、船を建造または修理するための施設ですが、ドックの種類には、①乾ドック(ドライドック)、②浮ドックなどがあります。横須賀製鉄所の一号ドックは、乾ドック(ドライドック)です。
① 乾ドック(ドライドック)は、海とつながる陸地にコンクリートまたは石で堀割を築き、海側に水門を設けたもので、船を入れた後、ドック内の水を排出して船体全部を露出させ、喫水線(きっすいせん)より下の部分の作業を行うことができます。

下写真は、ヴェルニー公園内のティボディエ邸で配布されていた第一号ドックの写真ですが、これを見ると乾ドック(ドライドック)の構造がよくわかります。

ヴェルニーが造った第一号ドックは今も現役(横須賀軍港ものがたり⑧)_c0187004_14432861.jpg

②浮ドックは、海上で船を載せてから排水して浮かび上がり、船の修理を行います。浮ドックは、鋼製の凹形の箱型の施設の容器で、ドック自身が浮沈の機能をもち、ドックを沈めて船を引入れたあと、ドックを浮揚させて船を水面上に露出させて、作業を行います。

 

ドライドックへ船を入れるには次のような段階で船を入れます。

①ドックの入口にある水門は、専門用語で「扉船(とせん)」と呼ばれています。ドックに船を入れる場合は、まずドックに注水します。

②ドックに水が注がれると扉船にかかっていた水圧がなくなり、容易に移動できるようになります。そこで、扉船を移動させて、船をドック内に入れます。

③船がドック内に入ると、再び扉船をドック入口に移動して沈めて入口をふさぎます。

④強力なポンプで、ドック内の水を排出する、するとドック内の水がしだいに減って水面がさがり、船底がドックの底に着きます。

⑤船が固定された後、艦船の修理や掃除を行います。

ただ、船体を掃除する際には、ドック内の水を排出するにしたがって、船体の水面下の部分が徐々に表れるので、水面に小舟を浮かべて上から下に作業をおこなっていくこともあるようです。

 第一号ドックはヴェルニーが設計をしました。伊豆半島産の小松石を利用した石造りで、長さ122.5 メートル(のちに拡張され137.0メートル)、幅25.0メートル、深さ8.4メートルあります。


 フランス公使ロッシュと幕府との約束では、ドックは二基でしたが、その後、さらに追加され、三基造ることになりました。追加で造られたドックは、順番から言えば三号ドックですが、一号ドックのすぐ隣に新しく造られたため、二号ドックと呼ばれています。当初二号ドックと呼ばれれていたドックは三号ドックと呼ばれました。 

二号ドックは、長さ156.5メートル、幅28.78メートル、深さ10.25メートル

三号ドックは長さ96.3メートル、幅13.8メートル、深さ6.9メートルです。

下写真はヴェルニー公園の説明板です。右から順に一号ドック、二号ドック、三号ドックと並んでいます。三基とも現役で利用されています。

ヴェルニーが造った第一号ドックは今も現役(横須賀軍港ものがたり⑧)_c0187004_14432849.jpg
 下記横須賀市役所のホームページで、ドライドック1号~3号がVRで見ることができます。


第一号ドックは慶応33月に起工しました。そして最初の計画主である徳川幕府の崩壊という危機があったものの、明治政府がそれを引き継ぎ、明治312月に竣工しました。完成まで、約4年がかかりました。下写真は、ヴェルニー記念館の掲示されていた建設中の第一号ドックの写真です。

ヴェルニーが造った第一号ドックは今も現役(横須賀軍港ものがたり⑧)_c0187004_13292967.jpg

第一号ドックの完成を記念したドックの開業式は、明治427日に行われる予定でした。しかし、当日はあいにくの暴風雨となり、翌8日に延期されました。8日は天候も回復し、兵部経有栖川宮熾仁親王、大蔵卿伊達宗城、参議大隈重信等が参列し盛大に行われました。

 開業式から9か月後の明治41121日には、明治天皇が横須賀造船所へ行幸され、22日に第一号ドックを天覧されました。

 第一号ドック、第二号ドック、第三号ドックは、それぞれ軍港めぐりでも見ることができます。下写真は、軍港めぐりの遊覧船から見た第二号ドックと第三号ドックです。右側の赤くマークした部分が第二号ドック、左が第三号ドックです。

ヴェルニーが造った第一号ドックは今も現役(横須賀軍港ものがたり⑧)_c0187004_11012630.jpg






# by wheatbaku | 2022-05-16 14:21 | 近代化に貢献した幕臣
ヴェルニー、横須賀製鉄所(造船所)を造る(横須賀軍港ものがたり⑦)

ヴェルニー、横須賀製鉄所(造船所)を造る(横須賀軍港ものがたり⑦)

 今日は、軍港都市横須賀の礎となる横須賀製鉄所(造船所)を建設し、「ヴェルニー公園」にその名を遺すフランス人技師ヴェルニーについて紹介します。下写真はヴェルニー公園内のヴェルニーの胸像です。

ヴェルニー、横須賀製鉄所(造船所)を造る(横須賀軍港ものがたり⑦)_c0187004_17522705.jpg

ヴェルニーはフ、ランスの東南部アルデッシュ県オブナで生まれました。オブナは、マルセイユとリヨンのほぼ中間にあります。

ヴェルニーは、1856年パリの理工科大学校(エコール・ポリテクニック)に入学しました。理工科大学校は、技術者養成機関として数ある高等専門学校の頂点にある学校で、その出身者はエリート中のエリートと言われています。ヴェルニーは、さらに1858年からは海軍造船大学校で学んだ後、造船技師としてプレストの海軍工廠に勤務しました。

18621865年の間、東洋艦隊司令長官ジョレス提督の命令を受け、中国寧波(ニンポー)で造船所の建設から取り組み、18か月で四隻の砲艦を建造しました。この中国での任務を果たしたのち、フランス政府からシュバ丿エ・レジオンドヌール勲章が授与されています。下写真は、ヴェルニー記念館に掲示されていたヴェルニーの写真です。

ヴェルニー、横須賀製鉄所(造船所)を造る(横須賀軍港ものがたり⑦)_c0187004_17522744.jpg

 ヴェルニーが寧波(ニンポー)で活躍していたころ、日本では、幕府が造船所建設の計画をフランスに任せることになりました。依頼されたフランス公使ロッシュが、ジョレス提督に相談した結果、製鉄所建設の技師としてヴェルニーを推薦することになりました。

ヴェルニーは、元治2年(18651月、来日しました。日本にやってきたとき、彼はまだ27歳の青年でした。

ヴェルニーは、造船所建設予定地の横須賀を確認して、ロッシュとともに、「製鉄所設立原案」を作成し幕府に提出しました。

 それをもとに、元治2129日付けで、幕府は造船所建設担当の老中水野忠精と若年寄の忠眦(ただます)の名前で、ロッシュに対して、ヴェルニーを首長(所長のこと)に据えて、4か年以内に製鉄所1ヶ所・修船所2ヶ所・造船所3ヶ所・武器庫・職人住宅などを建設する。その費用は年間60万ドル、四年で合計240万ドル支払うという約定書を渡しました。

その上で、ヴェルニーは、慶応22月、造船所建設に必要な機械・物品の購入やフランス人技術者を手配するため、フランスに一時帰国しました。この時、幕府は、外国奉行柴田日向守剛中を正使とする使節団をフランスに派遣することになりました。ヴェルニーは、フランスで、後にやってきた柴田日向守剛中に協力して機械類の購入等を購入しています。

 

 一方、横須賀では、ヴェルニー不在の間も、山を削り海を埋め立てる製鉄所建設用の敷地の整地工事が始められました。

そして、慶応元年927日に、鍬入れ式が行われました。

フランスに帰国していたヴェルニーは、造船所建設に必要な機械を購入し、さらに有能な人材を雇入れ、慶応24月に、日本に戻りました。

そして、翌慶応2年(186610月には、フランスで雇用した技師・職工が来日し、横須賀製鉄所(造船所)の建設が本格的に始まりました。

横須賀製鉄所(造船所)製鉄所の建設は着実に進展し、第一船渠(ドック)はヴェルニーの日本帰着より少し前の慶応33月に着工しました。

慶応3年の王政復古の大号令により、幕府が倒されたため、建設工事が一時中断されましたが、明治政府が横須賀製鉄所(造船所)を引き継ぐこととなり、造船所建設工事は継続されることとなりました。

そして、第一船渠は、明治4228日に完成し、同年47日から横須賀製鉄所は横須賀造船所と改称されました。

明治6年には本格的に軍艦の建造が開始され、9月に「迅鯨(じんげい)」、11月「清輝(せいき)」が起工しました。

このように横須賀製鉄所(造船所)は順調に操業始めましたが、明治政府は、ヴェルニーが高給であったことなどから、明治81115日にフランス公使に対しヴェルニーの解雇の申し入れを行い、フランス公使は、それを了承しました。

明治政府では、功績大きいヴェルニーを解雇するに際して、明治天皇への拝謁と勅語を賜ることになり、さらに勲章も授与されました。

そして、ヴェルニーは、12年間活躍した日本を去ることになり、明治9年(1876313日、家族とともに横浜港からフランスに帰国しました。

その後は、フランスで過ごし、190852日に故郷オブナで亡くなりました。享年71歳でした。




# by wheatbaku | 2022-05-13 17:43 | 近代化に貢献した幕臣
小栗上野介、「土蔵付きの売家の栄誉を残す」と語る(横須賀軍港ものがたり⑥)

小栗上野介、「土蔵付きの売家の栄誉を残す」と語る(横須賀軍港ものがたり⑥)

 小栗上野介は、横須賀製鉄所(造船所)の建設にあたって「土蔵付きの売家(うりや)の栄誉を残す」と語ったとされています。そこで、今日は、そのことについて書いてみます。

小栗上野介、「土蔵付きの売家の栄誉を残す」と語る(横須賀軍港ものがたり⑥)_c0187004_17585486.jpg

 小栗上野介が、フランス公使ロッシュらとともに、造船所候補地を現地視察し、造船所建設地を横須賀と決定したのが元治元年(18641126日です。

 それから10日余り過ぎた129日、幕府はロッシュを老中諏訪忠誠(ただまさ)の屋敷に招いて、水野忠精・阿部正外(まさと)・諏訪忠誠の三人の老中が面談しています。

「新横須賀市史」によれば、この会談で、日本側はフランスとの協定を強固にするために使節の派遣を申し出て、フランス側もこれを了承しました。(これが柴田剛中を団長としする遣欧使節となります。)
 また、ロッシュは、さきに造船の技術者として推薦したヴェルニーが近日中に上海の仕事を終えて来日する予定なので、ヴェルニーが到着したら幕府が現在保有している製鉄機械類をみたうえで、なお不足する分があればフランス派遣の使節に、フランスにおいて購入してもらうのがよいだろうと提案し、幕府側もこれに賛同しています。

さらに、老中たちが一番心配していて、中心的なテーマとなったのが造船所建設のための費用問題だったようです。

老中たちは、製鉄所の必要性はわかっているが、幕府としては財政状況が非常に厳しいと財政の困窮を訴えました。そして、幕府老中たちは、製鉄所建設費用の支払いに関しては、生糸のフランスへの直接輸出の道を期待したようですが、ロッシュも疑念を生むとして躊躇したようで、建設費用に関しては結論は出なかったようです。

 

 横須賀に製鉄所(造船所)を建設するにあたっては膨大な費用がかることは、老中に限らず、勘定奉行として幕府財政を執り仕切っていた小栗上野介は当然ですが、栗本鋤雲もよく認識していました。
 そこで、そのことを小栗上野介に尋ねた時に小栗上野介が語った話が「土蔵付きの売家の栄誉を残す」という有名な話です。

 この話は、栗本鋤雲が、明治になってから書き残した「匏庵(ほうあん)十種」の中に書かれています。(「匏庵十種」は、国立国会図書館デジタルコレクションでも読むことができます。)

 そこで、「匏庵十種」の中で語られていることを紹介します。原文は明治の文体で読みにくい文章ですので、読みにくい漢字をヒラガナに変えるなど現代文のように変えてあります。

 栗本鋤雲は造船所建設の費用が巨費になるのを心配していました。

 そのため、「予(よ:栗本鋤雲のこと)その巨費のいかんを憚(はばか)りたれば仔細商量あられよ今においてはなすもなさざるも我にあり既に託せし後はまたいかがすべからず」と小栗上野介に問いました。

それに対して、小栗上野介は笑って「経済は眞に所謂(いわゆる)遣り操り身上にてたとえこの事を起さざるもその財を移して他に供するが如きにあらず。故になかるべからざるのドック修船所を取立(とりたて)るとならばかえって他の冗費を節する口実を得るの益あり」と答えます。

その意味は次のようになると思います。

当時の幕府財政はいわゆる「遣り繰り身上」(あれこれ工夫して都合をつける苦しい財政状況)であるので、たとえ横須賀製鉄所(造船所)を建設しなくてもその予算を他に利用できる余裕などない。そのため、なくてはならないドック修船所を建設するとなればかえってほかの無駄遣いを節減させる口実とすることができる」と答えています。

それに続けて小栗上野介は次のように述べたと栗本鋤雲が書いています。

「いよいよ出来(「でき」または「しゅったい」:「完成すること」あるいは「事件が起こること」)の上は旗号(きごう)に熨斗(のし)を染出すもなお土藏付売家の栄誉を残すべし」

この中で「土蔵付売家の栄誉を残すべし」が非常に有名な部分で、いろいろなものに引用されています。

しかし、その有名な部分の直前の「旗号(きごう)に熨斗(のし)を染出す」という部分ですが、「旗号」は「旗印」という意味で、「熨斗」は「贈物」という意味ですが、全体ではどのような意味になるかよくわかりません。

そこで、「覚悟の人 小栗上野介忠順伝」(佐藤雅美著)「小栗上野介」(星亮一著)でどのように訳されているか紹介しておきます。

☆角川文庫「覚悟の人 小栗上野介忠順伝」(佐藤雅美著)p259

「又愈々出来の上は(完成したら)旗号に熨斗を染出す(旗号に慰斗をつけて売り出す)も、猶ほ土蔵付ぎ売家の栄誉を残す可し」

小栗上野介、「土蔵付きの売家の栄誉を残す」と語る(横須賀軍港ものがたり⑥)_c0187004_17585405.jpg

☆成美堂出版「小栗上野介」(星亮一著)

「こんな暮府は長くはないぞ。この製鉄所が完成する頃は、もう幕府はないな。そっくり熨斗をつけて新しい持主に渡すか、土蔵付き売り家ならば栄誉を残せるというものさ」

小栗上野介、「土蔵付きの売家の栄誉を残す」と語る(横須賀軍港ものがたり⑥)_c0187004_17585482.jpg

これらを考慮すると、「いよいよ出来の上は旗号(きごう)に熨斗(のし)を染出すもなお土藏付売家の栄誉を残すべし」の意味は、「横須賀製鉄所(造船所)を完成させて、幕府が倒されて横須賀製鉄所(造船所)を討幕派に譲るような事態になっても、立派な財産があると誉められるであろう」という意味だと思われます。



 栗本鋤雲は、その後に続けて括弧書きで、栗本鋤雲自身の感慨を次のように書いています。

「上野(小栗上野介のこと)がこの語は、一時の諧謔(かいぎゃく=冗談) にあらず。実に憐れむべきものあり。中心(心中)久しく、すでに時事の復(ま)た如何(いかん)ともする能(あた)わざるを知るといえども、我が仕ふる所(徳川幕府のこと)の存せん限りは、一日も政府の任を尽さざるべからざるに注意せし者にて、熟友(親友)、晤言(ごげん:会って語る)の間、常にこのロ気(口調)を離れざりき」

さらに、栗本鋤雲は、明治になってから、横須賀製鉄所(造船所)建設決定の当時の老中であった水野和泉守忠精(ただきよ)とたまたま巣鴨で出会った時、現在も功績として残っているのは横須賀製鉄所(造船所)だけであり、これは小栗上野介と栗本鋤雲のおかげであると言われたことについて次のように書いています。

「本月十七日予盆花を探(さぐ)り逍遙(しょうよう)して巣鴨の花戸(※花屋)内山長太郎の家を訪()うに久々にて料(はか)らず水野泉州(※水野和泉守忠精のこと)の老退後逍遙して到(いた)るあり。

共に十余年來の契濶(けいかつ無沙汰の意味)を語り溪羹(けいこう:意味不明だが食べ物をさす言葉だと思われる)野蔌(やそく:野菜のこと)一酌の余り話(はなし)偶(たまた)まこの事に及ぶ。

君(水野忠精のこと)いう『予(水野忠精のこと)旧時に在り一事業の世に知らるるなし。唯其存じ留る者は独り横須賀造船所あるのみ。是全く卿(栗本鋤雲のこと)および上野の尽力に在るなり』と。一語亦以て其概(がい:おおよその意味)を見るべし。


このエピソードの中の赤字部分は、「水野忠精は、『私が老中の時代にやった事業で世に知られている事業は一つもない。しかし、ただ一つだけ横須賀製鉄所(造船所)のことは世間の人々が知っている。これは小栗上野介と栗本鋤雲が尽力したからである」と語った。この一言でおおよそのことはわかるでしょう」という意味だと思います。


 これまで書いてきた栗本鋤雲が書き残した「土蔵付きの売家の栄誉を残す」というエピソードは、いろいろな本に引用されています。まさに畏友栗本鋤雲により小栗上野介の功績が後世に残されたのです。




# by wheatbaku | 2022-05-09 17:44 | 近代化に貢献した幕臣
  

江戸や江戸検定について気ままに綴るブログ    (絵は広重の「隅田川水神の森真崎」)
by 夢見る獏(バク)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
ブログパーツ
ブログジャンル
歴史
日々の出来事